まったり模型製作記 by Cucumber | 呉人はクレイジー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 柚P on  | 

カメ子作るよ①


お ま た せ (ΦωΦ)

今回も説明書が用意できなかったので、
適当に製作記事書きます。

あとガレキ組んだこと無い人の参考にもなれば。
※このやり方が正解ってわけじゃないです。あくまでも参考ってことで!




まず購入後に必ずすること、

パーツチェックしましょう。


ディーラーによっては、パーツ不備の連絡は 「購入後から1ヶ月以内に~」 って期限を設けてるところもあるので、
組み立てる予定は無くても、パーツチェックだけは購入後すぐにしたほうがイイですね!


ほとんどの場合、キットの方にパーツリストとか入ってると思うので
そっちも参考にチェックしてね。




あと、すみません。うちのカメ子のパーツリストで一箇所訂正する所あります。

DSC_0173_20150317215542717.jpg


パーツリストの写真には、この小さいストラップのカメが入っていませんでした(汗
そんで、全17パーツっていうのも嘘です、18パーツです。


多分、入れ忘れはないと思うので、
カメ自体はキットに入ってるとは思いますが、
もし入ってない方いましたらメール下さい。対応しますm(__)m






パーツチェックが済んだら、とりあえず離型剤を落とすために洗剤で洗います。

DSC_0074_20150317215738a0e.jpg


ボクはいつもこいつで洗ってます。歯ブラシでゴシゴシします。

研磨剤も入ってるので、つけ置きタイプの離型剤なんかより安心感ありますしね




花王 ニューホーミング 400g花王 ニューホーミング 400g
()
花王(Kao)

商品詳細を見る



ちなみに、今回使用した離型剤は、
ハイリムーバー94FXⅡってやつです。
参考になるか分かんないですけど(;´∀`)




洗ったらパーツの表面処理&ゲート処理します。

この作業もデザインナイフとヤスリ240~600番くらいがあれば出来ます。



あとゴットハンドさんとこの神ヤスがオススメです
フィギュアの表面処理には持ってこいですね、240番を愛用しとります。




→右が未処理のパーツで。
←左がゲート処理後のパーツです



DSC_0157.jpg
DSC_0158.jpg
DSC_0162.jpg
DSC_0163.jpg
DSC_0164.jpg
DSC_0160.jpg
DSC_0169.jpg

手のパーツとカメラの切り離しがちょっと大変ですかね

手は彫刻刀の平なんかをグリグリして彫り込んでバリ処理してやると綺麗にできます

カメラの切り離しはエッチングソーなんかで切ってやると楽かも。(ボクは超音波カッターでサクッと…


全パーツの処理が終わったら、
100均で買ってきたアルミ線で軸打ちして仮組みです。



DSC_0084_20150317215659eea.jpg


使ったのはΦ1.5mmのやつ 

真鍮線とかでもいいのかもしれないけど、
柔軟性が殆ど無いので、軸通す穴開けがシビアになるから
自分はアルミ線使ってます。

ここまでできたらあとは色塗るだけ!





ーおまけー

普通に作るだけってのも面白く無いので、
フェイスパーツ一個使って、別の顔も作ってみました。

下書きしてー

DSC_0086_20150317215656c55.jpg

口を彫り込んでー

完成っ!

DSC_0093.jpg

表情変えるのもそんなに難しくないので、
「いや、水あさと先生と言えば泣き顔は付けるべきだろ」って方とかいましたら
作ってみるのも面白いかもです。




次回の更新では塗装していきますよ





Category : WF2015W カメ子
Posted by 柚P on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yzpblog.blog29.fc2.com/tb.php/463-1a024f97
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。